だがそれがいい

だがそれがいい

気になったことを気ままに書いていきます。

書評

わずか30分で読める!ホリエモンの新刊「多動力」レビューとオススメ本

ホリエモンこと堀江貴文さんの新刊「多動力」が、ものすごく売れているようです。 発売前からTwitterのタイムラインが鬱陶しいくらい多動力で溢れていたので、気にはなってたんですが、ワードをみすぎて発売前にお腹いっぱいになってしまってたのと、内容は…

常識を疑おう!「ホリエモンxひろゆき やっぱりヘンだよね」感想

最近発売したばかりの新刊「ホリエモンxひろゆき やっぱりヘンだよね ~常識を疑えば未来が開ける~」が面白そうだったので読んでみました。 ホリエモン×ひろゆき やっぱりヘンだよね ~常識を疑えば未来が開ける~ posted with ヨメレバ 堀江 貴文,西村 博之 集…

青木真也は現代の土方歳三だ!「空気を読んではいけない」を読んだ感想

青木真也という格闘家について、わたしはほとんど知りませんでした。 ・格闘ブーム後期から活躍し出した選手 ・関節技が得意な選手 ・長島☆自演乙☆雄一郎に敗北した ・海外にわたって活躍し、2015年の年末にレジェンド桜庭和志に勝利した ・ハスキーボイス …

「嫌われる勇気」「幸せになる勇気」にでてくる青年の暴言をまとめてみた【アドラー心理学】

累計発行部数が100万部を突破したダイベストセラー本、「嫌われる勇気」を読んだことのある人はわりと多いと思います。 アドラー心理学の研究者である哲人と、哲人に異論を唱え論破しようと書斎を訪ねてくきた青年の対話をもとにアドラー心理学とは何か?幸…

学校のテストで8点だったけど英語を教えている知人がブログをはじめたので英語勉強して便乗しようかと企んでいる所存

先日、このブログでも「学校のテストで8点だった私が教える 英語の話し方: なるっシュのすすめ」(以下、なるっシュ)というKDP(kindle ダイレクトパブリッシング)本を紹介しました。 ↓読んだら是非もどってきてください。 www.dagasorega-e.net で、この…

認知特性を診断してみたらブロガー向きではないことがわかってしまった悲しい話

けんすうこと古川健介氏、イケハヤことイケダハヤト氏というブロガーには馴染みの深い両名が最近話題にしていた「認知特性」。 1年近くもブログ続いたんだからきっと自分もブロガー向きだろうと思い、診断を受けてみたら残念な結果になりました。 結果は残…

これを読んだら英語が出来るようになる気がしたオススメの1冊

先ほど読んだ「学校のテストで8点だった私が教える 英語の話し方: なるっシュのすすめ」というタイトルのKDP(Kindle Direct Publishing)本、いわゆる自己出版電子書籍 の英会話に対する考え方がためになったのでご紹介します。 目的 「学校のテストで8点…

イケダハヤト氏も絶賛していた漫画「弟の夫」が面白い。

祝!無事発売!「喧嘩稼業」5巻感想

整理収納の本を読んでみたら結構ためになりそうだった話

マンガ新聞で知って読みはじめたおすすめマンガ3選!

最近、マンガ新聞というマンガに特化したニュースキュレーションサービスを使い始めたんですが、これが実に面白くてすっかりはまっています。 NewsPicksのマンガ版というえばわかりやすいと思いますが、ジャンルごとに分かれたマンガ関連ニュースやレビュー…

2年8ヶ月ぶりに発売された「よつばと」の最新刊(13巻)がやっぱり面白かった話

無事発売されましたね。 よつばと13巻。 おかげさまでこちらの過去記事もPVが伸びましてありがたい限りです。 dagasoregae.hatenablog.com 11月27日に早速書店に行き購入してきました。 こちらラゾーナ川崎の丸善ですが・・・ なぜか上下逆さまに陳列…

今更ですが「多眼思考」著:ちきりん を読んでます

『多眼思考』を読むと、自分のつぶやきが変わってくるって人もいると思う。 — ちきりん (@InsideCHIKIRIN) 2015, 9月 29 twitterでフォローしている社会派ブロガーの ちきりん(@InsideCHIKIRIN)さんがちょっと前にこんなつぶやきをしていたのを思い出しまし…