だがそれがいい

だがそれがいい

気になったことを気ままに書いていきます。

カレーの壺で自宅で簡単に本格的なチキンカレーが出来る!

スポンサーリンク

 

先日、カレーの壺という本格的なカレーが簡単につくれる調味料を頂いたので早速つくってみることに。

 

f:id:dagasoregae:20150510221414j:plain

 

 

カレーの壺の販売元のHPを見てみたらレシピが載っていたのでそこから食べたいものをチョイス。

www.p-alt.co.jp

 

今回はこちらの骨付きチキンカレーをアレンジしてつくってみることに。

 

http://www.p-alt.co.jp/asante/curry/_src/sc3217/8D9C95t82AB8C7B93F782C6937E96EC8DD883J838C815B2882E282B382A2291.JPG

 

●材料(4人分)
『カレーの壷やさい用』 大さじ2
(別途鶏肉下味用小さじ1)
・鶏骨付きもも肉 4~5本
・カリフラワー 1/2株

・ブロッコリー 1/2株
・さつまいも 小1個(厚めの輪切り)
・バター 大さじ1
・玉ねぎ 1個(みじん切り)

・生姜 1片(みじん切り)
・水 500ml(2.5カップ)
・塩 少々
・プレーンヨーグルト 130~140ml
・サラダ油

 

 

 

 

 

 

 

 

まず、頂いたのはカレーの壺チキン用なので分量そのままにチキン用に変更。

国産で良い感じの骨付もも肉が売っていなかったので、骨なしに。

カリフラワーが高かったのでブロッコリ1株で対応。

その他はだいたいレシピ通りです。

 

それでは早速調理開始。

f:id:dagasoregae:20150510221308j:plain

鶏肉を食べやすい大きさに切りカレーの壺小さじ1杯と塩少々を揉み込み下味をつけます。

 

玉ねぎと生姜をみじん切りにしてバターで10分程度炒めます。

f:id:dagasoregae:20150510224427j:plain 

 

鶏肉はサラダ油をひいた鍋で炒める。

f:id:dagasoregae:20150510224630j:plain

 

鶏肉を炒めた鍋に最初に炒めた玉ねぎを加え、水とカレーの壺も入れて弱火で15分煮る。そして厚めの輪切りにしたさつまいもを入れてさらに20分煮る。

f:id:dagasoregae:20150510224845j:plain

 

ブロッコリーは一口大に切って固めに下ゆでをしておく。

 

f:id:dagasoregae:20150510225247j:plain

 

そして20分たった鍋にブロッコリーを入れてさらに5分煮込む。

 

f:id:dagasoregae:20150510225343j:plain

 

最後にヨーグルトを加え、塩で味を整えたら完成!

 

f:id:dagasoregae:20150510225505j:plain

盛り付け時にヨーグルトをちょっと添えるといい感じに。

 

今回はカレーの壺が野菜用ではなくてチキン用だったので、ちょっと辛めに仕上がりました。

簡単なわりにはスパイスの香りもしっかりしており、深みもあるのでなかなか本格的な味になります。

辛いのが好きな方は、玉ねぎを炒める時に鷹の爪を一緒に炒めると良いかもしれませんね。あと、クミンシードは入れたほうがたぶんうまいです。

 

1瓶で22皿分つくれるそうなので、激ウマカレーが出来るまで色々材料などを変えながらつくってみたいと思います。

 

興味のある方は是非お試しを。

 

 

カレーの壺 やさい用 220g

カレーの壺 やさい用 220g

 

 

 

カレーの壺 チキン用 220g

カレーの壺 チキン用 220g