だがそれがいい

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

だがそれがいい

気になったことを気ままに書いていきます。

マイナンバーで郵便局がめっちゃ儲かる!?

スポンサーリンク

 マイナンバー法が本日10月5日施工されました。

 

日本で住民登録を行っているすべての日本人と外国人に向けて1人1つの12桁のマイナンバーが配布されるそうです。

 

その通知方法はというと、簡易書留による配達。

 

郵便局めっちゃ儲かるじゃん!!

f:id:dagasoregae:20151005144458j:plain

 

そういえば簡易書留ってなんだっけ?

引き受けた時間(申込みをした時間)と配達状況(届いた時間)を記録してくれる郵便で5万円までの補償。 手渡しなので紛失リスクはかなり下がります。 また、差出人がちゃんと送ったのか、受取人にちゃんと届いたのかが記録され(受取時にはサインか印鑑が必要)、 インターネット上でも確認できるため、オススメの郵便方法です。

簡易書留とは

 

だそうです。個人ではあまり使わないですね。確実に届いたかどうか確認できるので便利なサービスではあると思います。

 

料金はおいくら?

今回、日本郵便がおいくらで受注しているのかはわかりませんが、国からの発注ということであれば正規料金ということも十分考えられます。

その場合は、1通あたり一般郵便の82円に簡易書留料金310円をプラスして392円になります。

 

1人1通ではなく1世帯1通らしいです。

 

全国の世帯数は5043万世帯(2016年6月5日時点)ほどなので、

50,430,000 × 392 = 19,768,560,000円

 

190億以上!

と数字だけみるととんでもない額に見えますが、日本郵便規模の企業になるとそこまで驚くほどの数字でもないですかね。

 

そんなことよりも、配達件数半端ないことになってますよ。

ちゃんと届くんですかね?