だがそれがいい

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

だがそれがいい

気になったことを気ままに書いていきます。

知人の書いた記事を見て自分は割とブロガー思考なのかもと思った話

スポンサーリンク

f:id:dagasoregae:20160331020507j:plain

 フワーっとしたタイトルですいません。

特に検索流入とかを狙うわけでもなく備忘録的に書き残しておきたくなりました。

知り合いがこんな記事をブログにアップしていました。

 

ekarisodami.hatenadiary.jp

 

ざっくりいうと、

とあるコミュニティに属するママ友3人が子連れで旅行をした話。

大人がスケジュールを考えるのではなく、「子供達がやりたいことをやらせる」というほぼノープランの旅行をしたと。

 

 

日記ブログは良くないとかよく言われますが、それはあくまでも他人の話。

知り合いの楽しそうな日常が書かれた日記は別です。普通に読めます。

 

www.hitode-festival.com

 

仲の良い友人の場合だと、特に近くに居ない友人の日記を見て
「ああ、楽しそうにやってるな」とか「最近がんばってるな」とか「何か大変そうだな」とか興味深く読む事が出来る

だからよく「ただの日記」に価値はない、と言われるけど、そんな事は決してなくて、

ただの日記に「PV」だの「収益」だのって意味での価値はない

ってだけなんだ

ヒトデさんもこういっています。

 

 

 日記大いに結構!
少なくとも「知り合い」、「興味がある内容」だったら日記でも普通に楽しく読めると思います。

宿についてからも、ホテルじゃない町屋で子供たちは大はしゃぎ!

自分たちで、「飲みに行ってるママたちが帰ってきたら、驚くように

お化け屋敷を作ろう!」と計画しだしたり、

長い棒↓をもって「チューリップ♪」をかなでたり、戦いごっこをはじめたり。。

 

お化け屋敷面白そう

「子供達同士で相談をしてママたちを驚かせるためにお化け屋敷を作ろうと計画をした」ってなかなか面白いと思うんですよね。しかも、ママたちが飲んでいる間に。

 

「自分の子供だったらそんなことできるかな?」とか、できるとしたら「お化け屋敷を作るとして、いったいどんな仕上がりになるのかな?」とか色々想像が膨らみます。

 

どうなったんだろう?ドキドキ

 

2日目は奈良まで足を伸ばし、鹿と戯れ 鹿にかまれて泣く子や

野生のシカと友達になったり・・・自由すぎて迷子にも!!

 

 あれ?1日目終わってる!!??

 

知りたい!お化け屋敷どうだったの?長い棒(リンクをみると振り回すと音が出る棒x8音階)のくだりももっと知りたい。用意して旅行にいったの?旅先で調達したの?

 

そんな自由な時間を与えることで、初めてあった子供同士でも

凄く仲良しになり、帰りはハグしさよならをかみしめたりしてました。

 

「自由」と「仲良くなったこと」は関係ないやろ・・・・

というか締めに入ってますね。

 

ええ〜!!!もっと知りたいのに!

 

こんな面白ネタ(少なくともわたしはそう思う)をあっさり終了させてしまうのはもったいない。

 

わたしなら旅行いったことで1〜2記事。それを引用につかいつつ数記事書きたいところです。

 

カナカナさんもそのつもりなのかもしれませんが、それでもこの記事自体にはもう少し力をいれてほしいところです。

というかわたしはもっと細かく知りたい。

 

ブロガー思考は意外と大事かも

ブログを始めた頃は「ネタ探し」に躍起になっていましたが、最近は「あらゆることがブログのネタになるかもしれない」という感覚を心の片隅に残しつつ日常生活をおくっています。

 

そうすると知らず知らずのうちに行動にも影響が出てきます。

 

わかりやすいところでいうと、何か新しいサービスに登録するときには使うかはわからないけどスクリーンショットをとってみたり、食べ物の写真はとりあえず撮ってみたりと画像をやたらとるようになりました。

使うから撮るのではなくて、使いたい時に無いと困るから撮っておく的な考え方です。

 

カナカナさんの記事でいうと「子供」の写真もっとみたいですよね。顔はもちろんブログには載せられないでしょうが、使える写真は色々あるはず。

 

日記的なものならなおさら写真が多い方がいいでしょう。

 

ブログに使うぞ!という意識が根底にあれば自然とそういう写真を撮るようになっていくと思うので大事にしていきたい感覚です。

かといって、ブログのことばかり考えて子供の写真が記録として残らないのでは親としてどうかと思うので、結果とんでもない枚数を撮ることになると思いますけど・・・。

 

気づき、役立ち、お得感

わたしがブログを書く上で心がけているのは「何か気づきを与えるような記事になっているか?」、「誰かの役に立つ記事になっているか?」、「得したと思わせられるような記事になっているか?」

この3つです。

 

気づきに関しては、わたしは苦手。
「貴方があたりまえだとおもってやっている〜は実はおかしいかも!」

という感じのタイトルで支離滅裂に持論をぶちまけて最後モヤモヤっと終わるブログが割とおおいですが、わたしはあまり好きじゃありません。

 

あ、でも今書いているこの記事はどちらかというとソッチ系かも・・・。

 

役立ちは

「自分が知りたいと思って調べたことは人も知りたいこと」

「人によく聞かれることは誰かの役に立つこと」

そんなことを考えながら書いています。

ただ思ったことを書くのとは違い、調べたりスクショ撮ったりしながら書くような記事がおおいので時間はかかりますが自分には合っている気がします。

 

お得感

これは「役立ち」と近いですが、「役立ち」は知りたかったことが見つかったという感覚、それに対し「お得感」は特にそれに対し一生懸命調べてたわけではないけど偶然見つけて「非常に役にったった!得をした」という記事です。

今までに書けているかどうかはよくわかりません。

 

カナカナさんの旅行記事も興味がある人から見たら、気づきやお役立ちが沢山あると思います。


おわりに

知人の記事をよんで「自分だったらこうするなー」とか「こういう記事だったらもっとよみたいなー」とか考えるのはもはや日常ですが、あまりにも勿体無い気がしたのでブログに書いてみました。

そして、この件について「直接連絡をするのではなくブログに書いてしまおうと思うあたりがやはりブロガー視点なのかも?」とおもいました。

 

また一歩、中級ブロガーへの階段を登ったかもしれない。

 

カナカナさん。

掘り下げた記事、楽しみにしています。