だがそれがいい

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

だがそれがいい

気になったことを気ままに書いていきます。

学校のテストで8点だったけど英語を教えている知人がブログをはじめたので英語勉強して便乗しようかと企んでいる所存

スポンサーリンク

f:id:dagasoregae:20160531152309j:plain

 先日、このブログでも「学校のテストで8点だった私が教える 英語の話し方: なるっシュのすすめ」(以下、なるっシュ)というKDP(kindle ダイレクトパブリッシング)本を紹介しました。

 

↓読んだら是非もどってきてください。 

www.dagasorega-e.net

 

で、この本の著者、実は知人なのですが今度はブログを始めたようです。

ひっそりと。

 

陰ながら応援しようとは思っているのですが、どうせなら自分の役にも建てたいので作戦を考えました。

 

英語学習記事はバズる

1年もブログを書き続けていると様々な記事のバズをリアルタイムで見せつけれられる。

炎上、美人、エロ、ニュース、おバカネタなど様々なじゃんるがバズっているそうだが、ほとんどが瞬間最大風速のみすごくて継続性はあまりないように見受けられる。

 

そんな中、バズりつつも安定して読者を増やせるジャンルというものがあることに最近気付いてきた。

 

その1つが英語学習に関するブログ。

 

みんな楽して身に付けたいので、実際に英語が話せるようになっている経験者の勉強法が知りたい。調べればたくさん出てくるんだけど、いざ実践してみても継続するのが難しくて断念する。

またしばらくすると記事を見かけるなりしてやる気になる。

そして、また断念。

 

常に一定数の「英語楽して身に付けたい」層がいるので、定期的にバズるのだと思う。

 

もちろんわたしも出来ることなら楽して身に付けたい・・・

 

誰が見ても需要があるコンテンツを持っている人は本当にうらやましい!

 

ただ紹介してもつまらない

なるっシュ著者であらせられるところの照沼雄太郎先生(以下、テルちゃん)のブログも、ネタが切れることなく書き続けることができれば、必ず読者は増えPVも右肩上がりで増えていく。

これは間違いない。

 

english-assistants.hatenablog.com

 

で、わたしはそれを微力ながら応援したくて、こうして記事を書こうとおもったのだが、それだけではつまらない。

 

そこで、わたしがものすごい得をしてテルちゃんもちょっと得をする、互いにメリットのあるブログ運営を考えてみた。

 

win-winでいこう

作戦① 英語を教えてもらう

これはなかなか素晴らしいアイデアだとおもう。

わたしは英語を教えてもらい、学習の様子、上達の様子をブログに書く。

テルちゃんもネタになるず。そして、ブログデザインや運営のアドバイスなんかをしつつ、当ブログからテルちゃんブログへの流入も見込める。

問題は、英語勉強が続くかどうか・・・。そしてテルちゃんはブログが続くかどうか・・・。

 

作戦② インタビューしてネタを引き出す

「他人に聞かれるようなこと=他人が知りたいこと」というのは、言葉にすると当たり前だが、自分で文章を書いているとそういう視点てついかけてしまう。

それに、わかっている事をわかっていない人のために書くのは非常に難しい。

 

そこで、素人で英語ができない代表であるわたしが、お持ったままのバカっぽい質問をし、名回答を引き出す作戦。

これなら質問する側、されて答える側それぞれの視点でブログ書けるので、まあまあ良いのではなかろうか。

若干、わたしの方がメリットが多いような気もするが、気のせいだろう。

 

楽でいいけどネタ切れの心配あり。

 

なるっシュ著者のテルちゃんが乗ってくれたら両方試してみようとおもう。

 

おわりに

最近、ブログを始めたばかりの人、ブログを始めたい人、ブログ始めたけど続かなくてやめちゃった人に良く会う。

中には大してバズることなく一年ブログを続けているわたしにこんな質問をしてくれる人もいる

 

「ブログ続けるコツとかある?」

 

そう聞かれたらわたしは必ず答えている

 

「コツはひたすら書き続けること」

 

英語もブログも継続が一番難しいんですよね・・・。

 

ブログ仲間が増えるのは嬉しいことなので、わたしは皆応援します。

そして、いつか当ブログのネタになって頂けたら幸いでございます。

 

さて、DUOを探そう