だがそれがいい

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

だがそれがいい

気になったことを気ままに書いていきます。

詐欺多発!?Amazonで安心して買い物をする方法と詐欺対策について

スポンサーリンク

 こんにちは。

Amazon大好きっ子です。

 

4/25あたりからAmazonで爆発的に詐欺が増えているようで、ニュースになっていますね。

news.yahoo.co.jp

 

とあるブログ記事を読んでいたら、対策として「Amazon.co.jpが販売している商品以外は買わないこと」といったことが書かれていました。

 

ん?それじゃーあまりに、Amazon.co.jp以外の出品者がかわいそうじゃないか?

 

 

わたしは以前、Amazonに出品したことがありますし、Amazon中国輸入でまともに稼いでいる知り合いもいますので、今回はわたしなりの詐欺対策、予防方法をお伝えしようと思います。

 

Amazonで増えている詐欺の手口とは

f:id:dagasoregae:20170426160353j:plain

手口がわかれば予防もできる!

 

というわけで、まずはどんな詐欺が問題になっているのかをご紹介します。

 

とりあえず、共通しているのは詐欺ショップのほとんどが「ランキング上位の商品を圧倒的な最安値で出品している」ということ。

 

購買意欲をかきたてるのに値引きほど効果的な手法はありません。
ちょっと冷静な人なら値段みただけで、これは怪しすぎると思うだろ!っていう値段で売られているのですが、ひっかかる人が多いのも仕方ないことです。

 

その1: 中国本土からの侵略

1つめは、中国本土にいる出品者が行っているとおぼしき詐欺。

 

詐欺の手口
  • 中国本土の業者、購入すると海外発送のため到着まで時間がかかると説明
  • デタラメな追跡番号をいれて発送連絡
  • Amazonから入金があったらアカウントを消し逃亡する

 

だまされたときの対策

Amazonマーケットプレイスでの買い物には、マーケットプレイス保証というのがあり申請すれば返金される。

 

Amazon.co.jp ヘルプ: Amazonマーケットプレイス保証の申請期間

 

その2: 在庫ないのに販売してキャンセル

2つめは在庫がないのに販売して、さらにキャンセル。そして返金されましたと嘘メールで知らせてくるというもの。

 

詐欺の手口
  • 購入後数日経ってからAmazonを装ったメールで「キャンセルのため返金されます」と連絡

 

だまされたときの対策

キャンセルの連絡がきた時点で注文履歴からキャンセルになっていることを確認し、なっていなければカスタマーサービスに連絡してみる。

 

https://www.amazon.co.jp/gp/help/customer/contact-us?

 

その3: タチの悪いなりすまし

今回話題になっている恐ろしい詐欺がこちら。

 

詐欺の手口
  • 数日経っても配送されることはなく、ショップに連絡しても被害者が出ることになるので「知らぬ存ぜぬ」の返事
  • 購入時に開示した住所氏名電話番号を新たな詐欺ショップのプロフィールとしてつかわれる

 

だまされたときの対策

実はこれはまだ完璧な対策がみつかっていません。
ショップの評価が最近もつけれらていることを確認するなどがある種の目安にはなるとおもいますが、最近乗っ取られたアカウントの場合はこれも予防になりません。


Amazonにがんばってもらうしかないというのが現状でしょう。

 

おかしいとおもって調べても、出品者の住所氏名も実在する(すでになりすましている)ので、詐欺だと気づくのに時間がかかります。
購入金額に関しては、保証期間内であればマーケットプレイスの保証で返金されますが、大変なのはそのあと。
自分の情報が詐欺ショップの情報としてしようされてしまうので、自分がしたときと同じように問い合わせの電話がかかってきたりします。

これ相当うっとうしいですね。


 

すでに引っかかってしまったかたも、慌てる前にカスタマーサービスに相談!

https://www.amazon.co.jp/gp/help/customer/contact-us?

 

詐欺に怯える前にまずは仕組みを理解しよう

さて、詐欺が溢れているからといってAmazonで買い物がまともにできないかというとそんなことはありません。
仕組みがわかっていれば、予防することもできますので簡単にAmazonマーケットプレイスの出品の仕組みをご紹介します。

 

Amazon内での配送商品の販売のされ方を大きくわけると下記の3つ。

 

Amazon.co.jpが直接販売

f:id:dagasoregae:20170426152027j:plain

kindleなど一部のAmazon独自の商品や、その他一般にも流通している商品でAmazon.co.jpが直接販売するものがあります。
この商品は、Amazon.co.jpが販売発送しますになっているのとプライムマークが付いているのが目印です。

 

Amazon以外のショップがFBAを利用して販売

f:id:dagasoregae:20170426152409j:plain

 

さて、今回の予防策のポイントになる販売方法。
Amazonの出品者はFBA(フルフィルメント)というサービスを利用することができます。
Amazonの配送システムを活用し、注文管理・出荷・発送・返品などが行えるサービス。
こちらは、Amazonの倉庫にあらかじめ商品を納品したらあとはすべてAmazonが管理をしてくれるというもの。
なので、購入するとすぐに発送手続きがされるため、在庫切れや、発送遅延の心配もほとんどありません。
目印はAmazon.co.jpと同じくプライムマークが付いているのと、説明のところに「ショップ名」が販売し「Amazon.co.jpが発送」しますと書かれています。

 

Amazon以外のショップから直接発送

f:id:dagasoregae:20170426152619j:plain

今回の詐欺で共通しているのはこれ、すべてショップから直接発送されるという点。
現状、とりあえずはこれを避けておけば詐欺にはひっかからないということになります。


見分け方は簡単。

 

プライムマークがついておらず送料別のショップがこれに当てはまります。

 

対策まとめ

  • なるべくプライムマークがついた商品のみを買うようにする
  • ショップ評価が頻繁につけらているショップから買う
  • 異常に安いものは買わない
  • ショップのその他の製品ラインナップをみてプライム対応商品があることを確認する

 

こんなところでしょうか。

 

送料別になっているショップがすべて詐欺ではありません。誤解のないように!

むしろ、1番の被害者ですね。

 

おわりに

FBAは、商品をAmazonの倉庫に納品してから販売されるので大きさや重量の制限があったりそのほかにも商品によって制限があったりするので利用できないまともなショップもたくさんあります。

また、Amazonに支払われる手数料や在庫管理費用などを考えるより直接販売したほうが安くなる商品もあるので、あえてFBAを利用していないまともなショップもたくさんあります。

 

なので、真っ当に商売をしているほとんどのショップにとって、この状況はちょっとかわいそすぎますが、Amazon自体が中国人出品者の参入を歓迎しているようなので、なるべくしてなったと言わざるを得ないのかもしれません。

 

いち消費者として、一刻も早く詐欺が撲滅されることを願っております。

 

Amazon使うならプライム会員が断然オススメです。

 

 

今日のだがそれがいい

せどりや中国輸入で稼いでいる人には非常に厳しい状況だとは思いますが、1つのプラットフォームに依存するとこういうリスクもあるということですね。

分散しましょう分散。

 

以上、詐欺多発!?Amazonで安心して買い物をする方法と詐欺対策についてでした。

 

 

 

 

<PR>

知人が勉強会をやるので、ちょっとだけ宣伝させてください。

先にいっとくと参加費2,000円。

 

DMM本社の新社屋に入れるチャンス!

わたしは手伝いで参加します。が、中国輸入というのはよくわからないので、後ろのほうでブログ書きながらみている予定です。