だがそれがいい

だがそれがいい

気になったことを気ままに書いていきます。

糖質も控えめ!1日に必要な栄養の1/3がパスタだけで摂れるベースパスタ感想

スポンサーリンク

主食で必要な栄養素がすべて摂れ、1食で1日に費用な栄養素の1/3が摂れてしまうということで注目されている完全栄養食「BASE PASTA」というものを知人に教えてもらいました。

 

www.mugendai-web.jp

 

 

食べるのも作るのも大好きですが、これまで健康食とか栄養という部分にはあえて着目したことはありませんでした。

 

いろんなものをバランス良く食べてたらいいんでしょ?

 

それくらいに考えていました。

 

ですが、先日ちょっと体調を崩し、あわや入院という状態になったことをきっかけに強く健康を意識するようになりました。

 買ってみるか....

 

必要な栄養素がすべてパスタに練りこまれているって!?

"栄養価が高い"、"健康に良い"などをうたう食品としては、ドリンクやソイジョイ的なバー状のものが主流な気がしますが、ああいうのって結局そのためにそれをたべなきゃいけないんですよね。

普段、間食を一切しないわたしとしては、健康のためとはいえおやつ感覚で間食をするというのはすごく不自然な行動です。避けたい。

 

パスタなら普通に食事として食べるだけだし、ソースを変えれば色々楽しめるし飽きないし最高じゃないか!!美味しかったら毎食これでいいじゃん!

 

まんまと罠にはまってますね。

100%生産者の狙い通りだと思います。

 

まあ、実際は普段ほとんどパスタ食べないんですけどね、わたし。

これを機にパスタに目覚めるのも悪くはない!

 

Amazonで普通に購入できます。

これちょっとポイント高いですね。

これが数日から1週間とかだったら、たぶん注文しませんでした。

食べてみたいけど、待ってまで試してみたいほどではない。好奇心を行動に変換するときにネックとなる一番の要因は時間だと思っています。

スグクルダイジ。

 

気になった日の翌日には食べることができます。

 

 

BASE PASTA がやってきた。郵便で。

注文した翌日。

ワクワクしながら帰宅すると届いていました。BASE PASTA。

f:id:dagasoregae:20170526152400j:plain

 

まさかポストに入っているとは。

食品がポストに入っていたことは今までなかったのでかなり予想外でした。

 

いけてるパッケージデザイン。

そして、茶色の麺。

f:id:dagasoregae:20170526153408j:plain

 

原材料と栄養成分はこんな感じです。

味がまったく想像できないので、食べるのが楽しみ。

f:id:dagasoregae:20170526153514j:plain

 

2分で茹で上がるのでささっと作れます。

f:id:dagasoregae:20170526154231j:plain

 

茹で上がり。

見た目はパスタというより蕎麦に近いですね。

f:id:dagasoregae:20170526154354j:plain

 

さて、ソース。

パスタの味がまったく想像できず、どんなソースが合うかもよくわからなかったので子供も大好きミートソースにしてみました。

缶詰のミートソースは野菜もひき肉も少ないので、ひき肉、玉ねぎ、人参、ピーマンをたっぷり足しました。

f:id:dagasoregae:20170526154742j:plain

 

完全栄養食ベースパスタを食べた感想

f:id:dagasoregae:20170526155328j:plain

さて、食べてみます。

気になるお味は・・・・

 

なんだこの複雑な味わいは、なんて表現したら良いかわからない。

妻も同じく、複雑な味以外の表現がうかばないようです。

 

感想

「複雑な味でした」

 

ブログに書く感想がこれでは、さすがにお粗末すぎるので目を閉じて真剣に考えます。

 

ベースパスタそのものの味

ん〜。

渋みというか苦味を感じる気がする。

なんだろう、なんかレバーペースト食べてるときに感じる風味に近いような。鉄分?

そして、写真にも写っていた練りこまれたゴマみたいな粒がプチプチとしてて食感が面白い。

小麦粉の味は普通のパスタ麺とは比べ物にならないくらい強い。全粒粉のパン食べてる感じだ。

食感は麺だけどトルティーヤっぽくもある。

トルティーヤをパスタマシンにかけたらこんな感じになるのかもしれない。

 

 

ソースとの相性

塩味こそついていないものの、パスタ自体がかなり味を主張してくるので、ソースなくても食べようと思えば食べられます。

が、ソースはやはりあった方がいいですね。

 

今回はミートソースでしたが....

すごく合う!って感じではありませんでした。

 

むしろ、苦味というか渋みというかその独特の風味とトマトの酸味が互いに殺し合っているような気すらします。

 

かといって、ペペロンチーノ的なアーリオオーリオが合いそうな気もしません。

カルボナーラはたぶん合わないでしょう。

 

たぶん味がしっかりある系で、パスタの味に負けないくらいなら合うんだと思います。

ここで浮かんだのが、キーマカレー。

 

これ、キーマカレーかけたらうまいなたぶん.....

 

あとは、濃厚なトマトクリームパスタとかなら結構いける気がしました。

 

 

腹持ちはよさそう

普通のパスタに比べて少量でお腹がいっぱいになった気がしました。

味わいながらゆっくり食べたからなのか、練りこまれた材料の影響なのかはわかりませんが、1人前145gで満腹になりました。

妻は食べきれずに少し残していました。

 

 

おわりに

というわけで、完全栄養食「ベースパスタ」を食べてみた感想でした。

 

ソースのチョイスがポイントな気がするので、どのソースが最も合うのか色々と試してみるのは楽しいかもしれませんね。

生パスタなので、茹で上がったものをフライパンでどうこうせずに、上からかけるだけで済むソースの方が素材をいかせると思います。

今は美味しくて種類が豊富なレトルトがスーパーで売られているので、そんなんでもいいですね。

 

茹で時間が2分と短く、必要な栄養はつまっていて野菜を食べる必要もないので超お手軽な食事になります。最初、1食1人前650円はちょっと高いかな〜と思いましたが、他にサラダやらスープやらを用意しなくても栄養が足りてしまうことを考えると、食事の準備はかなり楽なので、そんなに高くはないかもしれません。

 

ちなみに食べながら複雑な味を表現しようとしているときに、ふとドッグフードのことを思い出しました。

必要な栄養素を1つの形にギュッと凝縮していっくというのは、ドッグフード的だよな〜と。

 

ちなみに比べるまでもないですが、ドッグフードよりは断然美味しいです。

 

こういうことを書くとドッグフード食べたことあんのかい!!とか言われそうですね。

え?みなさんないんですか?試しに1かけ食べてみたりしませんでした?

 

 

とても変わったパスタなので、興味がある方はぜひ食べてみてください!!

 

 

 こんな記事も書いています