だがそれがいい

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

だがそれがいい

気になったことを気ままに書いていきます。

素人格闘イベントが新たな格闘ブームを巻き起こすかもしれない

メイン メイン-ニュース

スポンサーリンク

f:id:dagasoregae:20161130173410j:plain

最近なんだかんだで格闘技盛り上がってますよね。

 

年末の格闘番組も復活したし、新日本プロレスももあり上がってるし、青木真也選手の本は売れるし、漫画も面白いし。

 

そんな中で1つ気になってるイベントがあるんですよね。

 

それが、素人同士がリングの上で戦う格闘技のイベント。

異業種格闘技戦「HATASHIAI」

 

全部まとめてご紹介したいと思います。

復活した年末、大晦日の格闘番組

昨年2015年から年末の格闘技番組が復活しました。

 

PRIDEの流れをくむRIZIN

桜庭和志VS青木真也 という夢のカードが実現しました。

 

今年は、どうしても観たいカードはこれといってないんですよね。12/29に行われるトーナメントでヴァンダレイ・シウバとミルコ・クロポップが対戦しますが、それがちょっと気になるくらいかなぁ。

 

jp.rizinff.com

 

個人的にはこの公式ページが見にくいな〜と。

 

格闘番組ではないけど気になるKYOKUGEN

もう1つは、昨年魔裟斗VS山本'KID'徳郁の対戦で話題になったTBSのKYOKUGENという番組。

 

こんな記事を書いたりして、個人的にはかなり盛り上がっていたんですけどね。

魔裟斗が大晦日に1夜限りの復活をすると聞いて - だがそれがいい

 

試合はガチの試合でしたが、やはり現役バリバリの頃の対戦のような緊張感を持って楽しむことはできませんでした。

 

今年は、魔裟斗VS五味隆典。

 

K1とPRIDEを共に盛り上げた両選手の戦い。全盛期に観られなかったのは残念ですが、魔裟斗VS KIDとは違い、体格差がほとんどないので、こちらは結構楽しみです。

 

ブシロードでV字回復した新日本プロレス

2012年にカードゲーム会社のブシロードがオーナーになってから、売上が伸びまくりの新日本プロレス。

 

若手のスター選手の出現や宣伝の上手さで一気に人気が復活しました。

 

わたしの好きな新日本プロレスの第三世代も相変わらず元気いっぱいです。

新日本プロレス公式サイト

 

総合格闘家、青木真也選手の著書がバカ売れ

以前、このブログでもご紹介しましたが、総合格闘家、青木真也選手の著書「空気を読んではいけない」が結構売れているみたいです。

 

青木真也「空気を読んではいけない」を読んだ感想。寝技に定評のある青木 - だがそれがいい

 

青木選手の考えや、生き方を垣間見ることができる1冊。

もはやわたしのバイブル化してます。

 

格闘漫画も面白い!

格闘漫画ときいて何が思い浮かびますか?

餓狼伝、刃牙、ホーリランド、タフなど色々ありますが・・・・

 

わたしが今一番面白いと思っているのはなんといっても

 

喧嘩稼業

 

週刊ヤングマガジンで連載されている、格闘漫画で作者は木多康昭。

 

佐藤十兵衛という 高校生が主人公の漫画ですが、登場する格闘家それぞれにエピソードがあり、さらにキャラが非常にたっているので、主人公の試合以外もめちゃめちゃ楽しめる作品です。

 

普通に戦ったら主人公がどうみても最弱という、世にも珍しい格闘トーナメント開催中。

 

様々な競技・流派の最強同士が戦うので、試合の展開もまったく読めないし、木多先生が描かなすぎなのか、1ヶ月に1回程度のペースでしか掲載されないので、連載がちゃんと完結まで続くのかも読めません・・・。

 

色んな意味でドキドキさせられる作品です。

素人同士が戦う格闘イベントHATASHIAI 

そして、冒頭でご紹介した素人同士が戦う格闘イベントHATASIHAI。

これが今盛り上がりつつあります。

f:id:dagasoregae:20161130154815j:plain

 

ホリエモンと石井館長が応援

もともとファイトクラブ428という素人もリングにあがって戦うことができるバーで開催されていたんですが、回数を重ねるごとに規模が大きくなってゆき、2016年12/24(土)には東京タワーのお膝元のスタジオアースという約150坪のスペースで約250人を集客し、開催される予定だそうです。

 

FIGHT CLUB 428

 

スタジオアース « STAR RISE TOWER OFFICIAL SITE

 

HATASHIAIの公式サイトで過去のイベントの動画を観ることができるのですが、非常に盛り上がっています。

 

H-1 HATASHIAIのサイト

 

観戦を楽しんでいる堀江さんも映っていました。

 

そして、石井館長は12/24の大会では解説をされるそうです。

 

堀江さん主催の堀江貴文イノベーション大学校(HIU)発のイベントですが、急成長しているようですね。

 

 

クラウドファンディングのキャンプファイアで支援募集中

開催は決まっているようですが、イベントをさらに良いものにするためにクラウドファンディングプラットフォームのキャンプファイアで現在目標額300万円を目指し、支援を募っています。

 

camp-fire.jp

 

▼資金の使い道

概算値(※1)となりますが、下記の通り見込んでおります

- 会場費、プロジェクター利用料等 110万円
- 金網リング借用費          25万円 ※2
- 会場設営・運営費          50万円
- 警備・セキュリティ対策       15万円
- 動画等コンテンツ作成費       50万円
- 著名人出演料、MC依頼料等      50万円

 

素人の試合を見て面白いのか?

これが意外と面白くて、びっくりしました。

殴りあっていても、喧嘩じゃありませんので嫌な気分になどなりません。

もちろんヒートアップしてたりもしますが、それは真剣だからですね。

プロの試合とはまったく別物ですが、エンターテイメントとしてはアリだと思いました。

 

プロレスも面白いですからね!

 

そして、安全面にもちゃんと配慮しているので安心。

 ・危険を伴わないルール設定(原則、顔面ナシ、膝・肘は禁止)
 ・参加選手は運営メンバによる事前面談、格闘レベル判定必須
 ・ファイター各位は誓約書記入を必須とする
   ・格闘技経験者による安全重視のレフェリング
   ・緊急時対応可能なドクターの配備、応急措置用備品の配備
   ・過度な演出の禁止

格闘技なので、怪我をすることはあるかもしれませんが、事故や大怪我を防ぐための安全配慮もバッチリです。

 

格闘技好きな方はぜひ支援してみては?

異業種格闘技戦 HATASHIAIを実現させ、クリスマスイブに革命を起こしたい! - CAMPFIRE(キャンプファイヤー)

 

おわりに

というわけで、格闘技がなんだんだで盛り上がりつつあると感じたので、まだ、1年を振り返るには早いかもしれませんが、記事を書いてみました。

 

特にHATASHIAIは、応援しているお二人(堀江さんと石井館長の)がすごいので、今後どんなことになっていくか予想がつきません。

 

一時期まったく格闘技を見なくなったわたしですが、最近では格闘関連のニュースをチェックしだしたりしちゃってます。

 

なんとなく、他にもそんな方多いんじゃないでしょうかね?

 

格闘ブームきてるかも!?

 

 

堀江さんのダイエットも成功させたライザップ

 

 

こんな記事も書いてます
  1. 青木真也「空気を読んではいけない」を読んだ感想。寝技に定評のある青木 - だがそれがいい

  2.  魔裟斗が大晦日に1夜限りの復活をすると聞いて - だがそれがいい

  3. 祝!無事発売!「喧嘩稼業」5巻感想 - だがそれがいい