だがそれがいい

だがそれがいい

気になったことを気ままに書いていきます。

0歳〜3歳の育児においてガチで買ってよかったと感じるベビー用品、子育てグッズ

スポンサーリンク

f:id:dagasoregae:20161108104635j:plain

もうすぐ娘が3歳になります。

 

あっという間だなぁ。

 

年末の大掃除に向けてぼちぼちもう使わないようなベビー用品や子育てグッズなんかを処分していかなきゃなぁと思っているのですが、3年間も子育てをすると子供のものが増えて増えて大変ですね。

 

捨てるもの、誰かにあげられるもの、とっておくものを選ぶのも一苦労。

 

まあ、自分のものを捨てるのとは違って、どのアイテムにも思い出が残っているのでなかなか片付けも楽しいなぁと思っているところであります。

 

そんな感じで片付けをしていると「おっ!これは買ってよかったなぁ」とか「これはほとんど使わなかったなぁ。失敗した」なんてもんが沢山でてきました。

 

そこで、誰かのお役に立つかもしれませんので、今回はわたしが3年間の子育てでガチで買ってよかったと思うベビー用品、子育てグッズをご紹介したいと思います。

 

パパ目線なので、大物が多いです。

 

寝具

まずは、生まれてすぐに必要になる寝具から。

 

西川リビングのベビー羽毛布団6点セット

生まれる前に購入し、3年間ずっと使い続けている西川リビングの羽毛布団6点セット。

 

生まれたのがだいぶ寒くなってくる11月の後半だったので、寒さには気を使いました。

敷き布団は、夜寝る時だかではなく昼寝でも大活躍で、未だにリビングで昼寝させるには重宝しています。

GOREというのは、寝具版のゴアテックス のことで日本ゴア株式会社とのコラボでつくられたそうです。

当時、登山が趣味になりつつあったわたしは、このGOREにとびつきました。

登山の場合は、雨に強い、軽い、通気性がめちゃくちゃ良いが売りですが、布団の場合は、透湿と防塵効果が売りなようです。

 

西川おすすめです。

 

 

 

ベビーカー

Combi ベビーカーA型(ディアクラッセ)

わたしが買ったときは、CombiのディアクラッセとApricaのソラリアが最新でした。

重量はディアクラッセのほうが重かったのですが、その分押し心地がよいのと車輪が若干大きく、ソラリアに比べて段差に強かったのでディアクラッセを選びました。

 

使用期間はあまり長くありませんでしたが、コイツ無しでは生活できなかったんじゃないかと思うくらい活躍しました。

 

 

 

Combi ベビーカーB型(F2)

そろそろ、使う機会が減ってきましたが、1歳半頃〜現在まで使っているのはこちらのB型。CombiのF2。

 

安価なJeepと迷ったのですが、平均よりもだいぶ大きい娘をJeepのベビーカーに乗せると窮屈そうで、3歳までは無理な気がしたので断念。

 

持ち手や、ロック、ベルトなど構造が上述のディアクラッセとほとんど同じで慣れていたのと、片手でも押せる点、片手で折りたたみができる点、自立する点が気に入りこちらのF2 Plusにしました。

 

 

チャイルドシート

チャイルドシートは、シートベルトでの固定が面倒だったのでISOFIXタイプに絞って探していました。

こんな感じで、後部座席の座面と背もたれの間にあるバーに固定するタイプです。

設置が非常に簡単で、安全性にも優れています。

http://www.combi.co.jp/products/carseat/isofix/images/about_kantan03.jpg

出典:http://www.combi.co.jp/products/carseat/isofix/

 

3年前は、まだISOFIX対応しているものが少なくcybexというドイツのメーカーとタカタしかなかったんじゃないかと記憶しています。

cybexの方は安全性は非常にすぐれているのですが、前向き使用時の固定ベルトがゴツかったので、タカタにしました。

 

3歳くらいから使える簡易タイプを既に購入しているんですが、タカタが気に入っているらしく、今でも喜んで座っています。

 

 

食事用の椅子

Combi(コンビ)ハイローベッドチェア

使用期間はそこまで長くなかったものの、買ってよかったと思ったのがこちらのハイローベッドチェア。

 

新生児の頃は、寝かせて使用。

ベルトで固定できるので、安心。

前後に揺れバウンサーのかわりにもなります。

一番役にたったのは、お風呂入れるとき。

お風呂はいる前にこいつにバスタオルを敷き、その上に着替えを広げておき、さらに体拭くようにバスタオルをもう一枚敷いて、風呂から出たらすぐこれに乗せて、体を拭くという技をつかっていました。

拭き終わったら、上のバスタオルをとればササッと服を着せることができます。

 

我が家は広くないので、簡単に移動でき、洗面所でもリビングでもつかえるコイツは大活躍でした。

 

離乳食を食べるようになってから1歳ころまでは、リクライニングを起こして椅子として使用していました。

高さも変えられるので便利。

 

木製ベビーチェア 

1歳半頃〜現在も使用している木製ベビーチェア。

リアル店舗で売られているものは、どれも高いのでネットで探したところ非常に評判がよく安価なこちらのチェアを見つけました。

 

高さ調節自由自在なので、まだしばらく使えそうです。

 

送料込みで5千円台と安価なのに、長く使えているのでコスパめちゃくちゃ良かったです。

 

 

おむつバケツ

Aprica におわなくてポイ

専用のカートリッジを取り付けて、おむつの匂いを抑えてくれるおむつ処理ポット。

 

頻繁におむつ交換をする新生児のうちはカートリッジ交換の頻度も高いので多少コストはかかりますが、しっかり消臭・防臭してくれるので便利です。

 

今でも重宝しています。

 

住んでいる環境にもよると思いますが、わたしのところは正月期間中はマンションのゴミ捨て場が閉鎖されてゴミを出せなくなるので、だいぶ助かりました。

 

 

 

その他

大物は大体こんな感じなので、小物類を。

 

キノコ柄のスリーパー

 Amazonのスリーパー部門 第1位のこちらのスリーパー。

柄がキノコなのは謎ですが、綿100%で通気性がよく暖かいので新生児の頃から使っています。

 

贈り物として送っても非常に喜ばれます。

 

現在、なぜか行方不明。

 

 

スイマーバ

使用期間は短かったけど、買ってよかったと思うものの1つがこのスイマーバ。

目を話さないこと、手を添えてあげることが大前提ですが首が座っていない生後1ヶ月〜も使用できます。

浴槽だとあっという間に足がつくようになってしまうので、そこまで長い期間使用するのは難しいと思いますが、子供をお風呂に入れるのがめちゃくちゃ楽しくなるので、オススメ。

 

くれぐれも目を離さないように!

 

 

おわりに

 他にもまだまだあったような気がするので、思い出し次第追記していきたいと思いますが、こんな感じです。

パパ目線なので、小物類はだいぶ見落としている気がします。

 

いや〜お金かかりますね・・・。

 

でも、それなりにいい値段したものは、やはりモノが良いのか長く使えています。

 

あくまでもわたしが良かったと思うものなので、住んでいる環境によって変わってくるとは思いますが、これから産まれる予定の方々の参考になったらうれしいです。

 

以上、3年間子育てして思ったガチで買ってよかった子育て・ベビー用品たちでした。

 

 

こんな記事もあります
  1. 鍵をつけたまま自転車漕いだら大変なことになりました 

  2. 2歳前の娘がはまるyoutube動画を調べたみたてわかった衝撃の事実! 

  3. 今や常識?傷口を消毒しちゃダメ、かさぶた作っちゃダメ