だがそれがいい

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

だがそれがいい

気になったことを気ままに書いていきます。

コスパが良いと評判のKindle Fire 7インチタブレットを購入したはいいものの

スポンサーリンク

コスパが良いと以前から評判だったKindle Fireタブレット。

その中でも最安のKindle Fire 8GBなら、たった3,980円(プライム会員の場合)で購入できることを知ったので、なんとなく購入してみました。

 

以前はそんなに欲しくなかったんですけどね、最近はAmazonプライム・ビデオのラインナップがかなり充実してきている印象だったので、この価格なら動画みるだけでも充分かな〜と。

 

 

とにかく安いぞKindle Fire 7インチ

普通に購入しても7,980円というとてもネットサーフィルンや動画視聴なんかができる精密機器とは思えない値段です。

それが、Amazonプライム会員なら4,000円OFFの3,980円。

 

もはやわけわからないですね。

 

ちなみにこちらは3歳の娘がおもちゃ屋に行くたびに遊んでいて、ちょっと欲しそうなdディズニーキャラが出てきてゲームができるタブレット。

Amazonで9,000円くらい。

 

高性能なのに子供のおもちゃより安いとは。

 

プライム会員のメリットとは 

 わたしの周りにも普通にAmazonで買い物をするのにあえてプライム会員になっていない人がいます。

 

不思議で仕方ありません。

 

プライム会員というのは年会費3,900円(税込)を払えば、Amazonを利用する上で様々な特典を受けられる有料会員サービスのことです。

 

 

    • 無料の配送特典

      Amazonプライム会員は、対象商品のお急ぎ便、お届け日時指定便を無料でご利用いただけます。詳細は、お急ぎ便についてお届け日時指定便についてをご覧ください。

    • 特別取扱商品の取扱手数料が無料

      Amazonプライム対象商品は、一部特別取扱商品の取扱手数料が無料になります。詳細は、特別取扱商品についてをご覧ください。

    • プライム・ビデオ

      映画やTV番組が追加料金なしで見放題になります。日本国内のお客様のみが対象です。詳細は、プライム・ビデオについてをご覧ください(日本語のみ)。

    • Prime Music

      追加料金なく、100万曲以上の楽曲やアルバム、プレイリストを広告の表示なしで、楽しむことができるサービスです。詳細は、Prime Musicについてをご覧ください(日本語のみ)。

    • プライム・フォト

      Amazon Driveに写真を容量無制限で保存いただけます。詳細は、 プライム・フォトについてをご覧ください(日本語のみ)。

    • Amazonパントリー

      食品・日用品を中心とした低価格の商品を1点からご購入いただけるサービスです。ひと箱あたり290円の取扱手数料でお届けします。詳細は、Amazonパントリーで注文するをご覧ください。

    • Dash Button

      Dash Buttonを使用すると、お好みの商品を切らすことなく注文できます。詳細は、Dash Buttonをご覧ください。

    • プライム会員限定先行タイムセール

      タイムセールの商品を、通常より30分早く注文できます。詳細は、プライム会員限定先行タイムセールについてをご覧ください。

    • Kindleオーナーライブラリーの利用

      対象タイトルの中からお好きな本を1か月に1冊、無料で読むことができるKindleオーナーライブラリーをご利用いただけます。日本国内のお客様のみが対象です。ご利用にはKindle端末が必要です。詳細は、Kindleオーナー ライブラリーをご覧ください(日本語のみ)。

    • ベビー用おむつとおしりふきの15%割引など(Amazonファミリー特典)

      おむつとおしりふきが定期おトク便で15%OFFになるAmazonファミリー特典をご利用いただけます。詳しくはベビー用おむつとおしりふきの15%OFFについてをご覧ください。また、お子様情報を入力いただくと、ファミリー限定セールへご招待いたします。詳細はこちらをご覧ください。

    • 家族と一緒に使い放題

      会員ご本人のほかに、同居のご家族を2人まで家族会員として登録できます。家族会員は、上記のAmazonプライムの配送に関する特典を無料でご利用いただけます。詳細は、Amazonプライム家族会員を登録するをご覧ください。

    • Amazon定期おトク便のおまとめ割引

      日用品ほか対象商品を割引価格で定期的にお届けする定期おトク便をプライム会員ならさらにお得にご利用いただけます。おまとめ割引が適用されるには一定の条件があります。詳細は、Amazon定期おトク便のおまとめ割引についてをご覧ください。

     

    引用:Amazon.co.jp ヘルプ: Amazonプライムについて

 

年間3,900円、月々で考えるとわずか325円でこれだけのサービスが受けられます。

まあ、すべてのサービスを使うという人はなかなかいないと思いますけど。

 

わたしはAmazon以外のネットショップではほとんど買い物しないのと、買ったらできるだけ早く触りたいので、お急ぎ便は重宝しています。

 

あとは、プライム・ビデオもちょこちょこみますしダッシュボタンや、家族と一緒に使い放題なんかも重宝しています。

 

 

人気なのか現在は在庫なし

わたしが注文したのは2日ほど前。その時はKindle Fire 8GBの購入ページがあったのですが、在庫が切れたのか本日は8GBのページは表示できず、Kindle Fire 7インチにかんしては16GBだけとなっていました。

 

ちなみにワンランク上のKindle Fire HD 8の方も安い16GBのページは表示できなくなっており、32GBのみとなっています。

 

 スペック的にはHDの方が上なので、高画質な画面、なるべく良い音で使いたいという方は断然後者の方がよいと思います。

 

LINEの田端さんは最近Fire 7インチをGWの渋滞対策(お子さんの)で購入したもよう。

 

けんすうさんは、HD 8の方を使っていて気に入っている様子です。

 

というわけでKindle Fireデビュー!

そして、本日の午前中に仕事場に届いたので開けてみました。

安定の箱のデカさ。

f:id:dagasoregae:20170516180006j:plain

 

なんか普通にポストに投函できそうな大きさと重量ですけどね。

f:id:dagasoregae:20170516180056j:plain

 

 

本体と付属品のmicroUSBケーブルとアダプタ、説明書っぽいの2つ。

f:id:dagasoregae:20170516180144j:plain

 

 

背面。

f:id:dagasoregae:20170516180337j:plain

 

 

 

起動!

f:id:dagasoregae:20170516180552j:plain

 

 

はじめて起動したときのバッテリー残量は72%でした。

なので、買ってすぐ使用可能ですね。

 

軽くつかってみた感想

動作

特にもっさりした感じもなく割とサクサクうごきます。

Amazonで買い物やkindle本、プライム・ビデオ、プライム・ミュージックなどのAmazon関連コンテンツへのアクセスが非常にスムーズで使いやすい印象をおぼえました。

 

レビューとかみているとGoogle Playでアプリが使えればというコメントを良くみかけますが、Amazonコンテンツを快適に使うためのガジェットと割り切れば申し分ない気がします。

 

動画

普通に綺麗だし、ストレスなく観ることができます。

 

Fire 7インチはモノラルスピーカーなのでとても残念な音がします。

これはもうただ音が出てるだけという感じ。

イヤホンをつければ全然問題なく高音質できくことができるのでイヤホンは用意したほうがいいでしょう。

 

 

わたしはWiFi環境でしか使用せず、本体に動画や写真をいれたりもしないので8GBで充分だとおもっていますが、もしデータを本体にいれてオフライン環境でも有効につかいたいというのであれば、別売りでmicroSDカードを購入すれば最大200GB保存容量を増やすことができます。

 

アームをつけてPCモニタの横にとりつけてみた

 なんとなくアームでハンズフリーで使えたら便利なんじゃないかと思い、デスクに取り付けられるスマートフォン&タブレット用のアームを購入してみました。

f:id:dagasoregae:20170516182526j:plain

 

こんな感じでPCモニタの横へ。

f:id:dagasoregae:20170516182604j:plain

 

アームはAmazonで適当に選びました。

土台部分はプラスチック、アームの方は金属が内臓されているっぽいので若干強度に不安はありましたが、Kindle Fire 7インチの重量はたかだか313gほどなので、問題なく支えられるようで一安心。

 

 

Kindle Fire 7インチ 8GBを買ってみた感想

まあ、買ったばかりですが見えました。

わたしはこれあまり使わないかも!

そもそもPC以外で動画みないし、家にはiPadあるし。

本はKindle端末別で持っているし、ないときはスマホでも読めるし。

 

せっかくカメラがついているのでFacebookのライブ配信用にでも使うか!と一瞬おもいましたが、そもそもそんなキャラではありませんでした。

 

プライムミュージックで音楽流しながら作業ってのも普通にPCでできるし。

 

むう。

 

そうだ!娘にあげよう!

 

おわりに

ということで、買ったばっかりのKindle Fireですが、わたしではうまく活用できなそうなので、3歳の娘にあげて有効につかってもらおうと考えています。

 

きっとあっという間に使いこなすことでしょう。

 

ああ、あとキッチンでレシピみたりするときに使うと便利かもしれませんね。

それこそアーム付きで。

大事に使うのもいいですが、せっかく安く手に入れることができたものなので、多少雑に扱うことになっても便利さの方を追求していきたいと思います。

 

これが高級なものだったら、思い切った使い方はなかなかできないところです。

 

家でPCを使わない方、タブレットを持っていない方には、なかなか便利で楽しいアイテムになるかと思いますので、結構おすすめです。

 

 

以上、コスパが良いと評判のKindle Fire 7インチタブレットを購入したはいいもののでした。